〒812-0013 福岡市博多区博多駅東1-13-17 松岡ビル2階
TEL:092-432-6110

福岡市博多区の心療内科・精神科「まつしまメンタルクリニック」はショートケアやデイケアを行っております。

デイケア ショートケア

Mobile Site
    病院概略
医院名: まつしまメンタルクリニック
診療科目: 精神科 心療内科
住所: 〒812-0013
福岡市博多区博多駅東1-13-17 松岡ビル2階
TEL: 092-432-6110
FAX: 092-432-6112
HOME»  デイケア・ショートケア

ショートケア・デイケアのご案内

症状の安定や生活リズムの改善、体力や自信の回復を図り、社会生活機能を改善していくことを目的としています。当院通院中の方が対象です。

対象

  • うつ病、不安障害などで当院通院中の方
  • 休職、求職中の方(復職や就労準備を考えている方)
  • 社会生活に不安を感じている方
  • ひきこもりがちな方

※医師、看護師、臨床心理士、作業療法士、精神保健福祉士などが連携して援助します。

開設日時

ショートケア 午前 10:00~13:00(月~金)
ショートケア 午後 14:30~17:30(火)
デイケア 10:00~16:00(月・木・金)

1日の流れ

活動内容

グループ活動を通して、対人関係やストレスの対処法や疾病理解を学ぶことを目的に以下のようなプログラムを行っています。

認知行動療法:考えの癖や幅の広げ方などについて皆で考えていく時間です。
SST(社会生活技能訓練):日常生活や社会生活での対人関係スキルの練習をします。
心理教育:睡眠、ストレス、薬などについて理解を深める時間です。
就労ミーティング:グループで仕事について話し合います。
ピアミーティング:気持ちの共有を目的として、テーマを決めて話し合います。
グループワーク:皆で一つの作品を作ったり、ゲームをしたりします。
ライトプレゼン:物事や興味のある事について調べて発表する時間です。
プレゼンテーション:仕事や研究に関して調べたことを発表する時間です。
ワーク・オフィスワーク:自分のペースで集中力や持続力を養う時間です。材料はご持参ください。
脳ストレッチ:脳力アップをはかる時間です。
クラフト:手工芸でペーパークラフトやカレンダー作り等の創作活動を通じて、集中力・持続力を養い、自己表現をしていきます。
フリーの日:自分で課題を決めて個人で集中する時間です(脳トレや資格勉強等)。材料はご持参ください。
個人相談:生活や就労への不安や悩みについての相談の時間です。

ご参加にあたって

  • すべて医療保険の対象です。
    ショートケア1回のご利用料金は保険適用3割負担の方で1,100円です。
    自立支援医療の方は370円です。
    デイケア1回のご利用料金は保険適用3割負担の方で2,140円です。
    自立支援医療の方は710円です。
  • 参加には医師の診察および許可が必要です。関心をお持ちの方は、医師にお知らせください。
  • 見学も可能です。

参加者の声

  • わきあいあい
  • 午前中から参加することで生活のリズムが整い、同じような立場の皆さんと交流することで気持ちがおちつきます。勉強やクラフトも楽しく参加しています。
  • ショートケアを通じて人との関わり方の練習や日々の生活態度を改善することができました。多くの人と関わることができるので、楽しさや考え方を共有してプラス思考になることができたと思います。
  • ショートケアで出会う人たちと話したり、課題に取り組んだりする中で、人との関係のつくり直しをしているように思います。気分が沈んでいる時もここに来て一緒に何かしていると、気分が1ランクアップするような感じで、少し元気になって帰っています。
  • 最初は参加に抵抗がありました。月1回から週1回、そして3ヵ月後からだいたい毎日参加できるようになりました。
    プログラムが充実していて、色々なことを学び、人の考え方や意見を聞いたり、一人では行わないことができたりと凝り固まっていた考え方や心と身体も徐々に緩んできたと思います。
    ショートケア参加5ヶ月後、無事に復職していますが、現在も時々ショートケアに参加し続けています。リフレッシュできる貴重な時間です。

作品

 

 

うつ病 不安障害 不眠症・睡眠障害 てんかん心理士のページデイケア・ショートケアインタビュー記事